FC2ブログ

記事一覧

ランキング参加中!1日1回クリックお願いします♪➡ にほんブログ村 競馬ブログ 競馬収支へ にほんブログ村 競馬ブログ GI・重賞レースへ

東京スポーツ杯2歳ステークス その2(競馬予想・データ・傾向)

東京スポーツ杯2歳ステークスをデータ
・傾向・結果・オッズ・枠順・勝負気配
・騎手・消去法をもとに予想・分析しま
す。


減点の無い馬がくる!?(後編 減点方式の場合)

昨日は、東京スポーツ杯2歳Sの有力馬
を、加点方式によって絞りこんでみまし
た。

しかしながら、実は最も重要なのは減点
方式
にあります。なぜならば、過去10
年の勝ち馬は全て、以下の項目にただの
一つも該当していない
からです。

*前走未勝利戦で3番人気以下 -2点
*前走が「3人気以内かつ3着以内」で
 ない            -2点
*前走がデビュー戦で4コーナー先頭
               -1点
*前走4人気以下で負け    -3点
*前走1600m以下で5着以下 -2点
*キャリア6戦以上      -2点
*キャリア3戦以下で前走着差0.3秒
 以上の負け         -3点
*中7週以上の前走新馬・未勝利戦
               -2点
*前走1800m戦で3人気以下かつ
 3着以下          -2点
*前走新馬・未勝利戦で4番人気以下で
 上がり1位ではない     -1点
*前走中央場所ではない新馬・未勝利戦
               -1点
*前走が新潟・福島・小倉・中京・地方
 競馬で負け         -1点
*今回中1週で着外経験あり  -1点
*デビュー戦が中山か小倉   -2点

前述した通り、過去10年の勝ち馬は
このいずれの項目にも該当していません。
さらに過去5年の3着以内馬 計15頭
でみても、これに1つでも該当した馬は
わずか4頭のみ。残りの11頭は1つも
該当していない
のです。

ということで、昨日加点方式で残った
7頭にこれを当てはめてみたところ
1つも該当しなかったのは2頭。

今回の推奨馬は
カテドラルダノンラスター!

過去10年の勝ち馬が上記の減点項目に
該当していないのは事実ですが、正直な
話しとして2016年は加点方式で6点
の馬が勝ったことがありますので、この
方法も完全ではありません。しかしその
年でも2着にはこれらを全てクリアして
加点方式で14.5点の馬がきた
のです
から、推奨した2頭のいずれかが連対
する可能性は極めて高いと考えます。

この2頭に強いて順位をつけるとすれば
前走の出走日に違いがあります。過去10
年の勝ち馬10頭をみると、前走が10
月以降の馬が8頭と圧倒的
に優位。という
ことで◎ダノンラスター〇カテドラルと
します。

しかし、それにしても昨日の加点方式で
超高得点を叩き出したルヴォルグの唯一
の減点は「前走がデビュー戦で4コーナ
ーで先頭だった」という項目です。これ
は厳しい内容のようにも思われますが、
デビュー戦でじっくり抑えて勝負ができ
ないと、2戦目が東京競馬場の重賞と
いうのはなかなか厳しい戦いとなって
しまうのです。しかしこの減点を引いて
も合計点は17.5点というのはかなり
の高得点なので高い評価をすべきなの
でしょう。

もう1頭、データ的には厳しいものが
ありますが、ホウオウサーベルには
底知れぬ将来性を感じさせます。

この4頭に注目しましょう。

さて話は変わりますが、たった今見た
ニュースでは、あの悪質タックルで有名
になった日大アメフト部の内田前監督が
“日大の解雇処分は無効ではないか”
ということで東京地裁に提訴したそう
です。

これは昨日、警視庁が “内田前監督から
反則の指示はなかった” として、立件を
見送る方針を示したことに端を発して
解雇不当を主張してきたものです。

これには本当に驚きました。私の個人的
な考えではありますが、この件について
は警視庁だって相当頭を悩ませたと思い
ます。

世論の怒りと、既に受けた社会的な制裁。

この2つを天秤にかけて考慮した結果、
「相手を怪我させろ」という言葉自体は
使っていない、空気による指示だったと
いうことを加味した最高の恩情判断だっ
たのではないかと推測します。

それにもかかわらずこの提訴は、再び
世論に火をつけることになるでしょう。

世間の空気を読めない人が、地位の高い
人には数えきれないぐらい存在します。

百歩譲っても今回の件については、現役
の日大選手が一人で記者会見をするまで
追い込まれたという事実だけでも、指導
者責任は免れません。それを反省する
どころか、まだこの後に及んで自分の
地位を訴えるなんて、我々の想像の域を
遥かに超越しています。

せめて周りの空気感だけは、わかる人間
でいたいものですね。私だって、この
ブログの予想の評価ぐらい、ちゃんと
わかってますよ! 泣。

ホン馬かいな?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング参加中!

訪問時に1日1回各バナーをクリック
してもらえると嬉しいです♪

プロフィール

ゲン

Author:ゲン
ホン馬かいな?へようこそ!!

私は競馬の世界で主に有料馬券予想と馬の
目利きを生業としているゲンと申します。
このサイトでは、毎週行われる重賞レースの予想と収支を公開して競馬で本当に儲けことができることを知ってもらおうと思い立ち上げました。
競馬ではもちろんハズれることがありますが、ある程度のレース数を経ると
どのような結果がでるのか、ぜひお楽しみ下さい。
乞うご期待!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
454位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
241位
アクセスランキングを見る>>

ホン馬かいな? 閲覧者数

ホン馬かいな? 現在の閲覧者

現在の閲覧者数: